江真コンサルティング新社屋

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7452-Edit-1.jpg

基本実施設計監理,愛知県知多市,2022.03
新築,木造(CLT+在来),2階建,延床 140.41m2 , 事務所+倉庫

統括意匠設計監理:ofa/小原賢一+深川礼子(担当:小原,深川,田村)
構造設計監理:株式会社構造計画プラス・ワン
設備設計監理:株式会社アイ設計
施工:吉富工務店株式会社
写真クレジット:鈴木研一(特記以外全て)

現場レポはこちら

木材利用優良施設コンクール2022 優秀賞 入選 (木材利用推進中央協議会)
ウッドデザイン賞2022 受賞 (一般社団法人日本ウッドデザイン協会)

木造の構成

CLT パネル工法+ 在来工法によるコンパクトな木造オフィスの新築プロジェクトです。日独でコンサルティングや輸入、森林や木材に関わる業務も行うクライアントは、新オフィスの計画に際してCLTや木釘の採用、認証など様々なチャレンジを希望されていました。それらのご希望を最大限に反映し、事務所+倉庫の機能を合理的に満たしながら、木の穏やかさと力強さを感じられる、快適なオフィスを計画しました。

本プロジェクトでは、代表的な森林認証制度の一つであるFSC®プロジェクト部分認証を取得しました。CLT には静岡県の天竜産杉を使用しています。
建物は事務所部分をCLT パネル工法2 階建て、倉庫部分を在来軸組工法としました。滞在時間や作業内容等、空間特性の違いを適切に反映してコストコントロールしつつ、必要な大きさや機能を合理的に満たす木造建築です。
オフィスでは吹抜けや階段、屋根勾配など空間の高低差と連続性を生かして、光と風が通る上下階の一体感のある快適な空間としています。大きなCLT を内部は表しで用い、効果的に見せました。外からもCLT の小口がみえるように角度をつけた窓の額縁デザインは、工場加工精度の良いCLT ならではの工夫です。

認証にかかる森から建物に至るまでのトレースなどを通して、そこに立ち上がる建築の遠い背景にも意識を致すような、これからの環境と社会への責任をはたす明確な意思を体現するプロジェクトになりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 配布資料FSC部分-02-644x241.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6633-Edit-1.jpg

交通量の多い通りに面した敷地で、倉庫への搬入車両の乗り入れを想定し、2階建の事務所の奥に平屋の倉庫を配置しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6654-Edit-1.jpg

外壁は構造の木部材をしっかり保護する金属板葺です。横継を出さないシャープな仕上がりです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7305-Edit-1.jpg

大きなCLTの架構の中に、在来工法の2階床を挿入するような作り方です。内部は構造を担うCLTを表しとして木の力強さと穏やかさを感じられる空間としました。在来軸組部分とは同じ木の仕上げでも、木目の強さや色合いなどの差を際立たせ、木のあり方の違いを対比的につくりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7004-Edit.jpg

奥に長い平面のなかに光や風を取り入れ、空間を緩やかに分節する中庭を設けています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7144-Edit.jpg

階段や棚もCLTで構成しています。2階まで一枚で立つ大きなCLTの壁から片持ちで持出す、シンプルでCLTらしい作り方です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7326-Edit.jpg

階段の踊り場はラミナ(挽き板)の積層の様子を見せるように、CLTを積み上げてつくりました。段下は引き出しとして利用しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6955-Edit.jpg

エントランスは、倉庫への搬入品を受け入れを兼ねて大きな間口を確保し、物品をストレートに出し入れのできる機能的な動線計画です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6948-Edit.jpg

倉庫は在来の軸組にCLTの壁を合わせて作っています。縦木目が見える部分がCLTです。合板仕上部分にはクライアントの扱う木釘を採用しました。釘の頭が光らない穏やかな木の仕上げができ、将来の解体時の分別も低減できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6878-Edit.jpg

階段部分は吹き抜けとして、光や風をとおし、上下階のオフィスの雰囲気が伝わる一体感をつくります。左手の壁は、1階~2階の天井まで一枚のCLTを幅方向に並べて構成されています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6773-Edit.jpg

屋根もCLTを表しで用い、対角に勾配をとって斜めに天井高を変化させています。大きな木の板が奥行きの長い空間に場所ごとの雰囲気の違いを生んでいます。CLTの積層面が外から見えるように、窓の額縁を外に向かって開く角度をつけて工場で加工しました。中からはCLTの厚みが見えず、木のシャープなエッジが風景を切り取っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6983-Edit.jpg

休憩スペースのキッチンは大きめにつくり、窓からの光が明るい、スタッフのコミュニケーションの場所として設えました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6801-Edit.jpg

構造材であるCLTの天井面には照明や設備器具を直接つけず、木の面をすっきり維持しています。CLTの縦横の使い方は、構造への合理性を優先し、構造材としての在り方をそのまま見せています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7459-Edit-1.jpg

階段内部に明かりが灯ると、CLTの積層小口や木目の様子が外からもよりよく見えるようになります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7403-Edit.jpg

いくつもの窓から道へ木の色と光がこぼれ、木の建物であることを伝えるとともに、大きな通り沿いの街に温かみを添えています。


施工中には構造見学会や竣工見学会を実施し、プロジェクトでの取り組みをご紹介するとともに、CLTを構造とした設計事例として沢山の方にご意見を伺い、議論する機会をいただきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 建方s.jpg

構造ダイアグラム

撮影:ofa