真庭市湯原振興局ふれあいセンター 見学のご案内

下記の津山信用金庫勝山支店の内覧会に合わせて、同じ予定で真庭市湯原振興局ふれあいセンターも、市のご厚意によりご見学頂けることとなりました。
既存の地域ホールを全体改修し、振興局、ホール、図書館、交流スペース等の複合施設として昨春に竣工しました。図書館等がありますので、普段も入館いただけますが、下記の日程はホールも見学用に開放頂きます。是非ご見学ください。(津山信用金庫勝山支店から車で30分程度)
ofaでの立会ご案内ができませんが、資料を現地へご準備しますので、ご自由にお持ちください。プロジェクトの詳細はWorksに掲載しております。

撮影:鈴木研一

日時:4月27日(火) 14時~17時
   4月29日(木・祝) 11時~15時
場所:岡山県真庭市豊栄1515(googlemap表示はこちら
お問合せ:078-855-7108 / info-NOSPAM-@o-f-a.net
※上記アドレスから「-NOSPAM-」という文字を削除して下さい

※29日は振興局事務所部分は閉所です。
※ご見学頂ける範囲は、一般立入可の部分に限ります。
※ふれあいセンター駐車場ご利用いただけます。
※感染症拡大の状況により変更となる場合、HP・FB・twitter等でお知らせします。
おいでの前に最近情報を御確認ください。

津山信用金庫勝山支店 内覧会のご案内(開催日の追加しました)

この度、津山信用金庫勝山支店が竣工しました。私たちofaは、真庭市に拠点を置く三和建設株式会社の設計施工チームに参加しました。
木材産業の盛んな真庭市勝山地域において、地域産業の魅力を伝え、後押しするとともに、地域での木材活用のきっかけとなるよう、木材を活用した信用金庫新支店を建設するプロジェクトです。自由なプランをCLT の折板を用いて、木の表情を活かし軽やかにつくっています。
この度、クライアントのご厚意により、下記の予定で、ご内覧いただけます。ご多忙中とは存じますが、是非ご高覧いただき、ご高評を賜りたく、ご案内申し上げます。

日時:4月27日(火) 14:00~17:00
   4月29日(木・祝) 11:00~15:00
場所:岡山県真庭市勝山819
お問合せ:078-855-7108
info-NOSPAM-@o-f-a.net
※上記アドレスから「-NOSPAM-」という文字を削除して下さい

pdfはこちらからダウンロードできます。
※当日敷地内駐車場はご利用になれません。車でお出での方は近隣駐車場等をご利用ください。
※両日同時間で真庭市湯原振興局ふれあいセンターもご見学頂けます。現地から車で30分程度です。
 こちらもどうぞご見学ください。
※感染症拡大の状況により変更となる場合、HP・FB・twitter等でお知らせします。
 おいでの前に最近情報を御確認ください。

Worksに真庭市湯原振興局・ふれあいセンター(移転整備改修)を掲載しました

Works真庭市湯原振興局・ふれあいセンター(移転整備改修)を追加しました。

市役所振興局+ふれあいセンター(改修移転整備)設計監理,岡山県真庭市,2020.03
既存改修部分(S造,2階建,1785.82m2)+増築(S造,平屋建,113.56m2)
事務所、図書館、ホール、交流スペース
写真クレジット:鈴木研一

真庭市湯原振興局・ふれあいセンター(移転整備改修)

市役所振興局+ふれあいセンター(改修移転整備)設計監理,岡山県真庭市,2020.03
既存改修部分(S造,2階建,1785.82m2)+増築(S造,平屋建,113.56m2)
事務所、図書館、ホール、交流スペース、住民活動支援(ワークショップ)

総括意匠設計監理:ofa/小原賢一+深川礼子(担当:小原、深川)
構造設計監理:有限会社桃李舎
設備設計監理:株式会社アイ設計
照明デザイン:株式会社加藤久樹デザイン事務所
ワークショップ協力:納屋工房
写真クレジット:鈴木研一

振興局事務所の移転先として隣接する町民ホール「ふれあいセンター」が選定されました。そのプロジェクトにおいて、昭和60年竣工の既存建物を、事務所の移転に合わせて性能も機能も、今とこれからの湯原地域にふさわしい空間へリノベーションすることを提案して、プロポーザルで選定いただき、設計監理+住民活動支援に取り組みました。

既存建物内部 廊下と小さな部屋の分割されていて使い勝手も下がっていた

800人規模の大きなホールをコンパクトに整理して、その分図書館と交流スペースをゆったり作っています。川沿いの気持ちの良い環境を活かして、部分的に外へ居場所を拡張するように庇を張り出しました。待合や会議室、交流スペースなどは共用としてフレキシブルに運用されます。既存の光庭の周りに多様なスペースが展開する、全体が一つの「ふれあいセンター」になりました。これまでの公共複合施設に多かった、「隣接しているけれど交わらない」状況を、プランと市による条例の再整理を同時に行い、それぞれの施設がゆるく空間を共有することで、豊かで効果的に新しい場所を作ることができました。必要に応じて断熱を補強し、サッシを追加するなど、環境性能も向上しています。

設計開始と同時に住民活動支援として住民参加、中学生とのワークショップを企画実施しました。3+1回のワークショップを経て、地域の声を聞き、地域の次の活動を後押しするプロジェクトとしても取り組みました。

エントランスから交流スペース、光庭、振興局カウンターと図書館がつながってみえる

振興局カウンターと一般利用可の会議室、それらで共用できる待合

ホール前は普段は振興局の待合として利用し、イベント時はホワイエとなる

1951年築の木造2階建て旧湯原振興局と新しいテラスの重なる風景

本と気持ちよく過ごすためにある魅力的な場所 真庭市立湯原図書館

キッズコーナーはカーペット敷きでリラックスして本と触れ合える

旭川と山の緑を望める閲覧デスク

キッチンを備えた交流スペース

交流スペースを外へ拡張するテラス

席数をコンパクトに整理し、地域産木材で仕上げたホール

展示会などの際は、解放して使えるホール出入口

建物から漏れた光が庇軒天に反射して明るさを広げる

日暮れ以降も中の活動が重なって見え、ふれあいセンターの魅力を発信する

3回にわたって地域の方と一緒に考え手を動かしたワークショップ

 

改修の現場は、解体が始まってからわかることを、丁寧にスピーディーに反映しながら設計検討を重ねる必要があります。クライアントである市と、施工者、設計者が一体となって、次々に現れる想定外に、コンセプトを維持しながら粘り強く対応して、新しいふれあいセンターとして生まれ変わりました。

直近の業務体制のお知らせ

1月13日より対面の必要なお打合せ以外を、原則リモートでお願いします。

ofaでは、模型とデータを行き来しながら、素材を見て触れ、議論しながら建築を考える環境をできるだけ維持したいと考えています。
新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、ご関係の皆様とスタッフの安全を図り、プロジェクトを継続するため、リモート業務の体制を積極的に活用してまいります。
メール、電話、TV会議(zoom,skype,teams等)にてお打合せできる体制を整えております。
新規お問合せについても、リモートでお受けできます。

スタッフも随時リモート勤務としております。ご連絡はできるだけメール等でお願いします。
お急ぎの際はお電話いただければ、担当者より折り返しご連絡差し上げます。

ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ofa 小原賢一 深川礼子

六甲最高峰トイレ新築工事_供用開始

六甲最高峰トイレ新築工事 基本実施設計,意図伝達業務,兵庫県神戸市,2020.11
上屋:鉄骨造(屋根版CLT)トイレ部分:木造 平屋建,267.91m2)
写真撮影:ofa

プロポーザルで選定頂いてから3年を経て、建物部分が供用開始となりました。
都市に隣接する国立公園六甲最高峰にふさわしく、自然に調和しながらも場所の特性を大切に、その魅力を最大限に活かす休憩スペースとして設計に取り組みました。
「クサハラとタニヤネ」のデザインをベースに、雨水を集めて利用する工夫やクサハラによる六甲の草原植生の創出などのチャレンジが形となっています。
(外構部分は雪の季節を避けて、来春の施工予定です)
鉄骨の柱で大判のCLTをつないで折れながらつながる屋根を支えています。穏やかに起伏する屋根のラインは六甲の稜線とも呼応する姿です。大きな庇の下は、お弁当にも休憩にも、雨の日の身支度にもつかえるゆったりした空間です。

南西に向いた休憩スペースは冬にはひだまりになります。供用開始は11月1日でした。秋のシーズンに間に合い、たくさんのハイカーに使っていただいています。

敷地は24時間利用可能なエリアにあります。六甲から見る神戸の夜景に似合う、夜の景観もデザインしました。

 

津山信用金庫勝山支店プロジェクト 建方立会

真庭市の勝山で施工中の津山信用金庫勝山支店の建方が行われています。

建物はCLT+製材の木造です。主な壁と屋根を薄いCLTパネルを折り合わせて作っています。素晴らしい製作精度と施工精度で、吊下げられた大きなCLTパネルがすとんと定位置に納まるときは、そこここで感嘆の声が上がります。

FBでも現場のようすをレポートしています。ofaのFBページへリンク

鷹取駅前広場リニューアルアンケート実施中(12月18日まで)

ofaで関わっている神戸市のJR鷹取駅の北側広場リニューアルプロジェクトに関するアンケートが神戸市のHPで始まりました。近隣にお住いの方だけでなく、どなたでもwebで回答できる仕組みです。
駅前広場は道路法上の「道路」なんだけれど、本当は街の一等地にあるみんなの広場だったり、街のマエニワみたいなものじゃなんじゃないかなというディスカッションから始まったプロジェクトです。
短めのアンケートです、皆さんのご意見をお届けください。

現在のJR鷹取駅北側駅前広場のようす