H house renewal 仕上げの最終確認

仕上げの最終確認をしています。実施設計の段階で種類やグレードなどは決まっていますが、色やテクスチャーは最後にもう一度、クライアントと一緒に確認します。この日はちょうど自然光の状態でカットサンプルを見ることができました。現場で、その場所の光で見られるのが一番です。

家具の配置や大きさも、そろそろ現場で再確認します。図面や模型でも見ていますが、できればやっぱり現場で。家具屋さんに行く前に、ご希望の家具をイメージしながら、空間の大きさや壁までの距離、その場所の明るさを見ておきます。

クライアントのお嬢さんはライティングデザイナーです。せっかくの機会ですので、もちろん参加していただいています。電気屋さんは孔をきちんと三つそろえて開けるのに一生懸命です。

H house renewal 現場での詳細確認

着工してお盆があって、実働3週間。解体がほぼ終わって整理のついた現場で、工務店さんと詳細確認をしています。
お互いに見えているものが違っていないか、そこやここの納まりはどう考えるか。とにかく、あふれるほどの提案と、それが本当に設計のやりたいことが見えていて、また、それを超える提案をしてくれる。N工務店さん、今回も感嘆です。

細かい納まり、材の勝ち負け、とりあい、ひとつずつ確認事項を押さえていきます。でも、実はその前の「こういう考え方でいきたい」というビジョンの共有が最も大事。それができていると、調整はスピードが上がり、結果は嬉しいものに。工夫するともっとよくなる、こんな手もある、どんどん仕事がよくなっていきます。

2階の二部屋の間にあった押入れを1階まで光の降りてくる光井戸にしよう。今回の大きな改変のひとつです。南北に長い空間の真ん中あたりに、縦に光と風が通ります。

H house renewal 解体開始

子供達が大きくなるまで暮らした家。家具やもの、思い出がたくさん詰まっていて、「仮住まいへの引越し間に合うかしら」とご心配でした、が。締め切りが来ると終わるもの。お引越しお疲れ様でした。荷物がすっかり出てしまって、「結構広かったね」と感慨にふけるのもつかの間、一気に解体開始 。
以前にもご一緒した大阪の工務店さん、図面片手に壁に印をつけ、機器を指差し、「ここは残しやな、これはつこたら?これは?それは?」と矢継ぎ早に確認。設計者も判断力フル回転です。

 あっという間に家の中に風と光が回り始めました。断熱を入れなおす部分は、いったんはがします。土間もきちんとコンクリートを打ってあって、きれいなものでした。

H house renewal 工事が始まります!

神戸市内で住宅の改修プロジェクトの現場がスタートします。
住宅・都市整備公団が一括開発したエリアで、築30年ほどになる2戸1棟のテラスハウス型の
枠組壁工法(ツーバイフォー)住宅です。
今回の主なテーマは、外皮性能の向上と家族の変化にあわせた空間構成の変更。
冬の寒さ、夏の暑さをきちんとコントロールして、子供たちが独立して余裕のできた空間をつかって
明るく風通しよく、できるだけ気持ちよく過ごせる家に。
着工したら一気に竣工まで進むのがこのスケールの改修です。
施工中の現場の様子をレポートします。

T house renewal 仕上げ中

Exif_JPEG_PICTURE

レポートが追いつかない間に現場は仕上に入りました
建具屋さんが、ひとつずつ調整しながら建具を取り付けています
塗装ももう一息、細かい調整仕上げが続きます

T house renewal 色決め


床や壁の塗装色を決めます
事前に「だいたいこのくらい」と色番号などで指定したり
サンプルの色を伝えておいたりして いくつか塗り見本を作ってもらいます
今回はその塗り見本だけでは決まらず
現場に居た塗装屋さんに「もうちょっと濃く」だの「もうちょっと赤のと、もうちょっと黒の、もう一回」だの
「そんな変わんないですよ」と言われながらもしつこく食い下がる
光や全体の中での見えてくる分量、他の材料との相性。現場で見てこそわかります
やっと色が決まって、現場皆でほっと一息です

T house renewal さっぱり

あっという間にきれいさっぱり片付きました
ここがどんな風にできるでしょう
改修は現場の状況を見ながらその場でどんどん検討、変更決定がかかります
新築にはないスピード感です