JR鷹取駅北側駅前広場リニューアル_すごす、たのしむ、マチのリビング

関西造園土木・ofa設計施工共同体,兵庫県神戸市,2022.03
対象面積約2,000m2,駅前広場
施工:関西造園土木株式会社
設計:ofa/小原賢一+深川礼子(担当:小原,深川)
ランドスケープ:環境デザイン素地
写真:ofa

阪神淡路大震災で大きな被害を受けたJR鷹取工場跡を、市街地として形成(平成8年震災復興土地区画整理事業決定)する中で整備された、駅前広場のリニューアルです。広場完成(平成17年)から15年がたち、街はほぼ一通りの開発がなされ、住宅や小学校・店舗の混在するエリアとして人口が増える反面、駅前広場は通り過ぎる場所になっていました。この駅前広場プロポーザルに、広場を「すごす、たのしむ、マチのリビング」としてリニューアルすることを提案して選定され、実現しました。

環境を丁寧に読み解き、できるだけ今あるものを使いながら、ベンチにもテーブルにもなる傾斜のあるリングと潤いある緑を合わせて、気持ちの良い居場所をつくりました。誰もが思い思いにゆったりと過ごす場所を見つけられる、快適なマチのリビングのような広場です。ゆったりした曲線のリングが街の表情を和らげ、緑の重なりが、駅前から街、山並みへ連続していきます。

広場全体に大小のひとつづつ異なる形のリングをレイアウトしました。それぞれのリングが影響し合い、空間にリズムを作りながら、流れと溜まりの場所と広場の一体的なイメージを生み出しています。リングの中には芝や花の咲く植物、樹木をレイアウトしたり、既存樹を囲むようにデザインして、緑と居場所の関係を作っています。既存のベンチも残して使い、リングと一緒に使えるように木陰とのバランスを見ながら配置しました。

リングには、テーブルや背もたれを設えました。コーヒーを飲んだり、本を読んだり、ゆっくり時間を過ごすための街の家具です。かつて、JR鷹取工場があったことを伝える線路や鉄輪を模した既存の舗装パータンを継承し、リングの中に舗装を再現しました。地域の歴史を伝える継承のデザインです。

リングはゆるい傾斜による高低差を持ち、椅子からテーブルまでいろいろな用途に使えます。内部は子供の遊びに使えるよう、芝を開く場所を作っています。保育所の迎えの前後や、待ち合わせ、休憩、ランチ、読書、仕事、宿題など、目的によっていろいろな人が共存できます。

リングの動きと配置によって大きく開けた駅前に密度が生まれ、既存樹にリングの植栽が重なって風にゆれる、緑の濃淡のある風景になりました。通り過ぎるだけだった駅前が、気に入った場所を見つけて時間を過ごせる、マチのリビングのような広場になればと思います。

このプロジェクトは、駅前広場の交通計画見直しを含めた本整備の前段としてのプレリニューアルとして実施されました。ofaでは本整備に向けた構想から基本計画、住民アンケート、基本設計も担当しました。引き続き本整備の検討が進められる予定です。

江真コンサルティング新社屋

基本実施設計監理,愛知県知多市,2022.03
新築,木造(CLT+在来),2階建,延床 140.41m2 , 事務所+倉庫

統括意匠設計監理:ofa/小原賢一+深川礼子(担当:小原,深川,田村)
構造設計監理:株式会社構造計画プラス・ワン
設備設計監理:株式会社アイ設計
施工:吉富工務店株式会社
写真クレジット:鈴木研一(特記以外全て)

現場レポはこちら

木材利用優良施設コンクール2022 優秀賞 入選 (木材利用推進中央協議会)
ウッドデザイン賞2022 受賞 (一般社団法人日本ウッドデザイン協会)

CLT パネル工法+ 在来工法によるコンパクトな木造オフィスの新築プロジェクトです。日独でコンサルティングや輸入、森林や木材に関わる業務も行うクライアントは、新オフィスの計画に際してCLTや木釘の採用、認証など様々なチャレンジを希望されていました。それらのご希望を最大限に反映し、事務所+倉庫の機能を合理的に満たしながら、木の穏やかさと力強さを感じられる、快適なオフィスを計画しました。

木造の構成

本プロジェクトでは、代表的な森林認証制度の一つであるFSC®プロジェクト部分認証を取得しました。CLT には静岡県の天竜産杉を使用しています。
建物は事務所部分をCLT パネル工法2 階建て、倉庫部分を在来軸組工法としました。滞在時間や作業内容等、空間特性の違いを適切に反映してコストコントロールしつつ、必要な大きさや機能を合理的に満たす木造建築です。
オフィスでは吹抜けや階段、屋根勾配など空間の高低差と連続性を生かして、光と風が通る上下階の一体感のある快適な空間としています。大きなCLT を内部は表しで用い、効果的に見せました。外からもCLT の小口がみえるように角度をつけた窓の額縁デザインは、工場加工精度の良いCLT ならではの工夫です。

認証にかかる森から建物に至るまでのトレースなどを通して、そこに立ち上がる建築の遠い背景にも意識を致すような、これからの環境と社会への責任をはたす明確な意思を体現するプロジェクトになりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 配布資料FSC部分-02-644x241.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6633-Edit-1.jpg

交通量の多い通りに面した敷地で、倉庫への搬入車両の乗り入れを想定し、2階建の事務所の奥に平屋の倉庫を配置しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6654-Edit-1.jpg

外壁は構造の木部材をしっかり保護する金属板葺です。横継を出さないシャープな仕上がりです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7305-Edit-1.jpg

大きなCLTの架構の中に、在来工法の2階床を挿入するような作り方です。内部は構造を担うCLTを表しとして木の力強さと穏やかさを感じられる空間としました。在来軸組部分とは同じ木の仕上げでも、木目の強さや色合いなどの差を際立たせ、木のあり方の違いを対比的につくりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7004-Edit.jpg

奥に長い平面のなかに光や風を取り入れ、空間を緩やかに分節する中庭を設けています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7144-Edit.jpg

階段や棚もCLTで構成しています。2階まで一枚で立つ大きなCLTの壁から片持ちで持出す、シンプルでCLTらしい作り方です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7326-Edit.jpg

階段の踊り場はラミナ(挽き板)の積層の様子を見せるように、CLTを積み上げてつくりました。段下は引き出しとして利用しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6955-Edit.jpg

エントランスは、倉庫への搬入品を受け入れを兼ねて大きな間口を確保し、物品をストレートに出し入れのできる機能的な動線計画です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6948-Edit.jpg

倉庫は在来の軸組にCLTの壁を合わせて作っています。縦木目が見える部分がCLTです。合板仕上部分にはクライアントの扱う木釘を採用しました。釘の頭が光らない穏やかな木の仕上げができ、将来の解体時の分別も低減できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6878-Edit.jpg

階段部分は吹き抜けとして、光や風をとおし、上下階のオフィスの雰囲気が伝わる一体感をつくります。左手の壁は、1階~2階の天井まで一枚のCLTを幅方向に並べて構成されています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6773-Edit.jpg

屋根もCLTを表しで用い、対角に勾配をとって斜めに天井高を変化させています。大きな木の板が奥行きの長い空間に場所ごとの雰囲気の違いを生んでいます。CLTの積層面が外から見えるように、窓の額縁を外に向かって開く角度をつけて工場で加工しました。中からはCLTの厚みが見えず、木のシャープなエッジが風景を切り取っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6983-Edit.jpg

休憩スペースのキッチンは大きめにつくり、窓からの光が明るい、スタッフのコミュニケーションの場所として設えました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A6801-Edit.jpg

構造材であるCLTの天井面には照明や設備器具を直接つけず、木の面をすっきり維持しています。CLTの縦横の使い方は、構造への合理性を優先し、構造材としての在り方をそのまま見せています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7459-Edit-1.jpg

階段内部に明かりが灯ると、CLTの積層小口や木目の様子が外からもよりよく見えるようになります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20220227_78A7403-Edit.jpg

いくつもの窓から道へ木の色と光がこぼれ、木の建物であることを伝えるとともに、大きな通り沿いの街に温かみを添えています。


施工中には構造見学会や竣工見学会を実施し、プロジェクトでの取り組みをご紹介するとともに、CLTを構造とした設計事例として沢山の方にご意見を伺い、議論する機会をいただきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 建方s.jpg

構造ダイアグラム

撮影:ofa

 

 

特別養護老人ホームさくらガーデン

基本実施設計監理,兵庫県神戸市,2021.08
新築,鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造,2階建,延床 3819.61㎡
特別養護老人ホーム70室,ショートステイ10室,デイサービス
CASBEE評価Aランク取得

統括意匠設計監理:ofa/小原賢一+深川礼子(担当:小原,深川,山下)
構造設計監理:株式会社構造計画プラス・ワン
設備設計監理:株式会社アイ設計(井上,高橋,西原)
施工:株式会社新井組
照明デザイン:株式会社 加藤久樹デザイン事務所
グラフィックデザイン:SASA ATORIE
設計協力:はな建築事務所
写真クレジット:鈴木研一 (※)のみofa

ユニットケアへの移行に合わせ、既存施設の建替えとして計画された特別養護老人ホームです。建物はユニットケアのあり方を体現し、各ユニット及びデイサービス等のパブリックスペースと、事務所などのバックスペースがそれぞれの屋根を持ち、それらを寄せ集めた小さな集落のような配置としました。

敷地は神戸市の北端の尾根にあたります。たくさんの既存の桜の向こうに六甲の山並みを望む素晴らしい環境です。東、南側の緑豊かで見晴らしの良い方向に沿って眺望をとり、日々の暮らしに四季の変化を添えています。

全体で80室の個室を、10室1ユニットとして、1,2階に4ユニットずつ配置した構成です。ユニットの共同生活室や廊下には、入居者の方が「家」と感じていただけるように、見通しをとりながらも小さな凹凸や角度を持って、多様な場所を作っています。それぞれに居場所が見つけられるよう、セミプライベートスペース、セミパブリックスペースを離散的に配置しました。場所ごとの窓を通して見える景色が広がりと彩りをもたらしています。

住む方の健やかな毎日を支える空間と福祉の地域づくりへの貢献、職員の働きやすさが両立する、これからの福祉の場所です。

屋根を分割して低めに抑えた勾配屋根が重なる風景。建物は外断熱としました。空調負荷を下げるとともに、内部の温度変化を抑え、穏やかな環境を作っています。

大きめに張り出したエントランス庇で、車での利用者を迎えます。雨の日も安心なエントランスです。

中庭まで視線の抜けるエントランス受付カウンター。落ち着いた色合いと素材感。視線の先に中庭の明るさがあることが、安心感につながります。

地域交流スペースは中庭まで一体的に利用できるパブリックスペースです。地域の方との交流やイベントの企画など、外へ出かけにくい暮らしの中で、ハレの場として設えました。

吹き抜けでつながる1,2階。地域交流スペースのハレの雰囲気を高めるとともに、2階からもイベントに参加することができます。

中庭は普段の暮らしの貴重な外部空間として、風に揺れる葉や香りのある花が咲くなど、四季の変化を感じられる木を選んで植栽しました。

ユニット入口はくらしの玄関としてここで靴を履き替えます。玄関らしく、ユニット名の表札と玄関灯を設えました。

玄関内は各ユニットでタイルの種類を変えて、それぞれに個性的で家の顔になる雰囲気を作っています。

共同生活室は、できるだけ食事をこの場所で準備できるよう、大きめのアイランド型のキッチンを設えました。壁面は一部を玄関と同じタイル仕上げとし、楽しみのある「セミパブリック」をイメージしたスペースとしました。

共同生活室からは、六甲の山並みや桜の谷など、方角によってのびのびと気持ちの良い眺望が開けます。車いすでの寄り付きに合わせて、窓台の高さを少し低めに設えています。外断熱の入った壁の厚みによって、窓台は少し腰掛けたりもできる奥行きです。

ダイニングの向かいには談話スペースを設けました。一回り小さいセミパブリックです。空間サイズのバリエーションと、プライベートーパブリックのレベル設定の掛け合わせで、多様な居場所をつくることを心掛けました。

外部は非常時にも活用できるテラスが連続し、共同生活室の前は大きく張り出しました。内部床とフラットにつながり、車いすでも出やすいテラスは、日常生活の中で身近な外の居場所になります。

東側の1階は、松の緑の濃い陰影と桜の取り合わせが楽しめるテラスです。

個室には手洗と鏡のほかに収納や読書灯も設えました。大きめの面積と大きな開口でゆったりした印象です。ベッドサイドには濃い色合いの木を設えました。壁の痛みを抑え、室内に落ち着きが生まれています。

廊下はスタッフからの見通しを確保しながら、細かい凹凸によってプライベートの雰囲気をつくり、いくつかのベンチ作って、ちょっと腰を掛けられるセミプライベートのスペースを設けました。

デイサービスは勾配のある高い天井にハイサイドライトをとり、自然光を取り入れた明るい空間とし、天井の勾配で場所の変化を作りました。お昼には奥の小窓がカウンターとなってランチが提供されます。

入浴の時間がくつろげる楽しいものであるように願って、浴室はすべて光庭に面し、外の光と空気に触れられる窓を設けました。

廊下は地窓や高窓を工夫して、できるだけ自然光で明るくしています。緑や空が見えるなど、奥へ歩く際の不安感を減らすつくりとしました。

2階から見下ろす地域交流スペース。地域の方と一緒にコンサートやクリスマス会などイベントが計画されています。普段はラウンジのように設えて、訪問される方やご見学の方の対応などにも使われています。

中庭の夕景は、あたたかな光が地域交流スペースからあふれてきます。中庭側のお部屋からも空や光の変化が見えています。

エントランス周りには各部屋や共同生活室の光がこぼれています。地域の中の安心の光でもあります。

穏やかな光と多様な居場所のある大きな家は、住む方の健やかな毎日を支える空間と福祉の地域づくりへの貢献、職員の働きやすさが両立する、これからの福祉の場所です。

設計と並行してロゴもデザインしました。マークは建物の構成を表しています。暮らす人、働く人を考えて少しずつ傾けたプランをそのままシンボルとして、印象的なイメージができました。

(※)

 

 

 

お風呂に入る時間が楽しみになるように、浴室には「さくら、わかくさ、つき、そらの湯」と名前が付きました。名前に合わせてのれんをデザインし、宇奈月温泉総湯のご縁で金沢の染元平木さんに作っていただけました。今回もデザインでお願いしたイメージが鮮やかに出ています。(※)

 

六甲最高峰トイレ

基本実施設計,意図伝達業務,兵庫県神戸市,2020.10
新築,鉄骨造(屋根CLTパネル),一部木造,平屋建,延床267.91 m2
公衆トイレ,休憩スペース,園地

総括意匠設計・意図伝達:ofa/小原賢一+深川礼子(担当:小原、深川、田村)
構造設計・意図伝達:有限会社桃李舎
設備設計:長谷川設備計画
ランドスケープデザイン・意図伝達:株式会社エスエフジー・ランドスケープアーキテクツ
照明デザイン:株式会社加藤久樹デザイン事務所
建築施工:有限会社ビームスコンストラクション
機械設備施工:アイオイ設備工業株式会社
電気設備施工:株式会社摩耶電気工業所
撮影:小川重雄(【※】のみofa)

JIA優秀建築選100 2021-2022(日本建築家協会) 
第25回木材活用コンクール 木材活用賞(日本木材青壮年団体連合会) 
iFデザイン賞2022(iF International Forum Design GmbH) 
第23回人間サイズのまちづくり賞 奨励賞(兵庫県)
地域材利活用建築デザインコンテストin兵庫 入賞(ひょうご木のすまい協議会)
ウッドデザイン賞2021 ソーシャルデザイン賞 受賞(ウッドデザイン賞運営事務局) 
日本空間デザイン賞2021 ショートリスト 選定
([一社]日本商環境デザイン協会 [一社]日本空間デザイン協会)
ティンバライズ T-1 ホームコネクター賞2020 受賞 (NPO法人 team Timberize)

 

 

神戸の都市の魅力の一つである六甲山の価値向上、環境整備の一環として、六甲山頂エリアに新設された公衆トイレ・休憩スペースと園地の計画です。2017年にプロポーザルで選定いただき、基本実施設計と意図伝達業務を担当しました。
敷地は六甲山の国立公園特別地域内にあたります。周辺の山並みに呼応するように折れつながる屋根が、大きな家具のようなベンチの上に軽々と浮かぶ、のびやかな空間をつくりました。木の大きなベンチの後ろにトイレ機能を持つようにつくった小屋部分は屋根と縁を切り、男女多目的を分けて配置したことで風と光のとおる気持ちの良い空間となりました。六甲の自然環境に調和するよう木や仕上材の色合いをコントロールしています。建物全体の高さを抑え、伏せるように自然の中に配置したことで、周辺の環境になじむ全体像としました。

CLTの薄く軽い屋根は、繊細な鉄骨柱によって空中に浮かび、シャープで繊細な軒先のラインを作っています。折れつながる事で、天井高さが場所によって変わって、空間に抑揚を作り出します。

足元には山際の自然を感じながらゆったりくつろげる大きなベンチを設え、その後ろにトイレがある構成です。屋根の両端下には同様の単独ベンチも設けました。下見板張りが連続するようにディテールをデザインし、大きな家具が集まって空間を作っているようにつくりました。ベンチは大きな台形とすることで、座面の奥行きや背の角度が多様に生まれ、そこでの休憩の居方のスタイルもまた多様に発生する仕掛けとなっています。屋根のタニの集まる部分からは雨水を集めています。折れつながる屋根は集水のための形でもあります。上下水道のない敷地で、気持ちよく安心して使えるトイレをつくりたいと、手洗い水は雨水を利用し、洗浄水は土壌微生物による浄化システムを採用して循環利用しています。

CLTの屋根版の水平接合部はGIR(グルードインロッド)を採用することによりつなぎ目を見せないおさまりになっています。CLTの最大幅にかかわらず大きな一枚の板として、おおらかですっきりとした屋根下空間を実現できました。大きな屋根の下に、ボリュームを分割して配置することで、谷側へも見通しが取れ、風通しの良いスペースです。屋根版 CLT は兵庫県産材指定のヒノキスギ、トイレ部分の外装材およびベンチは国産スギとし、一部は神戸市が森林維持の一環として伐採・保管する六甲山の間伐材を利用しました。

トイレの出入り口には引込型のドアを設え、夏季は開放し、冬季は凍結の対策として閉められるように作っています。

屋根とトイレ部分の外壁は縁を切り、その間を高窓とすることで自然の光を内部に取り入れています。
山頂付近は冬季は積雪もあり、気温も下がります。トイレブースは外壁に面さない室内の中央部分に配置して、冬季の気温低下の影響を避けています。間接照明を施して、天井の木の肌がきれいに見える工夫をしています。

【※】

南側の山頂を望むレストスペース。ベンチに深く寝そべって見上げると、軒先で切り取られる森のラインが、山頂側の新しい景観をつくっています。土間の曲線のおおらかで引き締まったラインが園地全体に気持ちの良い美しさを生んでいます。

段差やベンチ、屋根下のありかたが、多様な居方につながっています。敷地は六甲山脈の東端にあたり、最高峰から降りたところです。もとは砂利敷きで、時々駐車場に使われるだけの場所でした。

森の端部は、芝の園地からクサハラを経て植生をつなぎ、グラデーションのように作っています。クサハラ部分は種採集、育苗とステップを踏み、竣工後に現地へ苗を戻しています。

浅く折れつながる屋根を、周辺の緑の中に伏せるように配置しています。洗浄水や雨水の循環槽などはすべて土中として、大勢が休憩できる園地として広く確保しました。

24時間利用可能なトイレであり、市街地から近く車でのアクセスも可能なため、夜間の利用もあります。できるだけ気持ちの良い場所であるように、安心感と美しさを両立する照明デザインを丁寧に行いました。
内部から高窓を通してあふれ出る光と、外部からの光で屋根版のCLTの木の暖かみのある色をよりきれいに見せてくれています。クサハラプロジェクトは、プロポーザル当初からの提案で、六甲山系の草本類によって芝の園地から森への連続性を作りました。市民や利用者が環境の維持にかかわることで、山の環境を消費するだけでなく育てる動きにつなげたいところです。詳しくはこちら(タネトリワークショップ苗植付)でレポートしています。今はまだ小さな苗ですが、都市に近い山の環境維持のあり方を考えるきっかけになればと思います。

津山信用金庫勝山支店

基本実施設計監理,岡山県真庭市,2021.04
新築,木(CLT+在来)造,平屋建,延床108.27m2
事務所(銀行の支店)

総括意匠設計監理:ofa/小原賢一+深川礼子(担当:小原,深川,田村)
構造設計監理:有限会社桃李舎
設備設計監理:株式会社アイ設計
設計施工:三和建設株式会社
写真クレジット:鈴木研一

ウッドデザイン賞2021 ハートフルデザイン部門 奨励賞(審査員長賞) 受賞 (ウッドデザイン賞運営事務局)
木材利用優良施設コンクール2021 優秀賞 入選 (木材利用推進中央協議会)

津山市に本店を置く信用金庫の支店です。ofaは、三和建設株式会社の設計施工チームに参加しました。木材産業の盛んな真庭市勝山地域において、地域産業の魅力を伝え、後押しするとともに、地域での木材活用のきっかけとなるよう、木材を活用した店舗を建設するプロジェクトです。CLTと在来木造を合わせた適材適所の木造で、信用金庫のこれからの姿をあらわす建築をめざしました。

建物はL型の平面を、一部折板としたCLTの壁と屋根で構成し、部分的に在来木造を取り入れて、適材適所の木造建築としました。ロビーは地域交流に活用したいとのお考えもあり、大きなCLTの壁で執務スペースの「守る」とロビーの「創る」を分けながらつないでいます。自由なプランをCLT の折板を用いて、木の表情を活かして、軽やかにつくっています。Tをプリーツのように折って、強度を上げるとともに、アイコンになる印象的な形としました。大きなCLTを内部は表しで用い、効果的に見せるデザインです。


これからの信用組合のあり方として、コンサルティングに力を入れていきたいとのお考えから、ロビーは広く、通りに面して開く形としました。執務室とロビーをつなぐカウンターまわりは、仕切りをなくしてゆったりと作ろうと、奥行きが深くなる部分は屋根をプリーツのように折って強度を上げ、先端を在来木造で支えました。プリーツが方向性を持つことで、南北に視線の抜けるのびのびした空間になりました。
屋根を折ったことで屋根版CLTはt120と薄くなり、軽快な印象を作っています。
奥へ広がるロビーは執務空間と大きなCLTの壁で仕切られています。安定感のある厚みのある木の壁です。金物は隠さずに見せるようにディテールを丁寧に調整しています。建った後も、建物の作り方がわかる構成です。
カウンター内側からは北側の山並みが、来客側からはプリーツの三角形から電車や緑の景色が見える、開放感のある接客スペースです。
接客カウンターもCLTの積層面が見えるように作りました。壁の小口はできるだけ見えるように構成し、CLTの厚みや木の重なり具合が見えるように気を配っています。 北側はCLTの屋根版を在来木造の軸組みが支えていることがよくわかります。ガラスを通して内外がつながる雰囲気は、まちに開くこれからの信金のポリシーを表しています。
暮れ始めると、北側の山並みがガラスに映り、その向こうに大きな木の壁が見えます。
夜には木の温かい色合いに満ちたロビースペースが見え、通りに信金の存在と、その場所がめざす温かさを伝えてくれます。すぐ南側を鉄道がとおる敷地。上空からの写真ではプリーツ部分の長さがよくわかります。この距離を1枚もののCLTで飛ばしています。それが両端だけで支えられているのは、大判のCLTとそれを折る建築の工夫のたまものです。
施工中には構造見学会も行いました。島根大学の学生さんや企画設計施工など建築の専門家など多くの方に見学していただけました。すぐそばを鉄道がとおる難しい敷地でのCLTの建て方も、丁寧な制作打合せと現場の手配でスムーズに進みました。